(株)ネットジャパンがWindows 10 Anniversary Updateに対応し、さらに操作性/安定性が向上したバックアップ/リカバリーツールの最新版を個人向けに販売開始

2016年9月15日

(株)ネットジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蒋 冠成、URL:https://www.netjapan.asia)は、個人向けバックアップ/リカバリーツールの最新版、「ActiveImage Protector 4 SP1」(読み:アクティブ・イメージ・プロテクター4 ・エスピーワン)の販売を、ダウンロード版は2016年9月15日から、パッケージ版は10月3日から開始します。

今回リリースするSP1では、Windows 10 Anniversary Update に対応した他、起動環境の改善、バックアップやリカバリー機能の拡張をおこない、さらに使い易くなりました。

新機能

  • Windows 10 Anniversary Update に対応
  • バックアップ機能の拡張
    • バックアップ再開機能:スケジュールされたバックアップが何らかの理由で実行されなかった場合、実行可能になった時にバックアップを再開します。例えば、バックアップ設定時間に電源が切れていた場合、再起動時にバックアップが実行されます。
    • シャットダウン時の自動バックアップに対応:毎日の就寝前や外出時などでPCをシャットダウンする際に意識せず、短時間でバックアップすることができる機能です。
    • 複数のUSBデバイスに保存可能:一つのバックアップスケジュールで、複数のUSB デバイスを保存先として指定できます。
    • USBスマートディテクト機能を強化:保存先に指定したUSBハードディスクを外したためにスキップされたスケジュールがあった場合、USBディスクの再接続時にすぐにバックアップを実行できる機能です。複数台のUSBハードディスクを使用している場合でも自動的に追尾してバックアップをおこないます。
  • 復元機能の拡張
    • シュリンクオンザフライ機能:NTFSのボリュームの縮小復元が可能です。例えば、用意した代替ハードディスクの容量が復元元のボリュームサイズよりも小さい場合でも、縮小して復元できます。
    • ベアメタルディスクの初期化:ベアメタルリカバリー(真っ新なハードディスクに復元)をおこなう場合、ベアメタルディスクに対して初期化ができるようになりました。また、ベアメタルディスクにパーティションを作成できます。
    • ボリュームサイズを指定して復元可能:ボリューム単位の復元で、ボリュームサイズを拡大や縮小して復元する際にサイズを指定できます。(NTFS のみ)
  • 起動環境の改善
    起動環境ビルダー(Windows PEベース)で、Windows 10 および Windows 10 Anniversary Update の ADK を使用して起動環境を作成できるようになりました。これにより、Windows 10とWindows 10 Anniversary Update の 64ビットuEFI 上に プリブート環境を作成できます。

ActiveImage Protectorとは

ActiveImage Protector は、ハードディスク内のシステムOS、アプリケーションやデータもまとめて、イメージファイルとして、Windowsを停止せずにバックアップ(ホットイメージング)できるツールです。使用済みセクターのみをバックアップするスマートセクター技術によって、高速かつ最小容量のバックアップが可能です。ハードディスク全体のバックアップに加えて、前回からの変更部分だけをバックアップする「増分バックアップ」機能により、短時間でバックアップが済みます。さらに、独自開発した「重複排除圧縮」機能により、バックアップ容量が元データの半分くらいに圧縮されますので、バックアップ容量が大幅に軽減されます。イメージファイルの保存先は、内蔵、外付けのハードディスクの他、NASなどのネットワークストレージ、USBメディアへの保存も可能です。また、障害対策として、遠隔地へのレプリケーション(複製)機能もあります。 PCに障害が発生した際には、保存してあるイメージファイルを復元するだけで、障害が発生した前の状態に戻すことができます。また、別のマシンへの復元もおこなえます。

製品情報とシステム要件

製品情報の詳細とシステム要件は、こちらをご覧ください。

実施キャンペーン

バックアップは、ランサムウェアに有効な対策のひとつです。ネットジャパンでは、今回のリリースを機にバックアップを推奨するための以下のキャンペーンを実施します。

  • キャンペーン名:ランサムウェア対策バックアップ推奨キャンペーン
  • 対象製品:ActiveImage Protector 4 シングルライセンス ダウンロード版
  • 価格:4,860円(税込)(標準価格:6,156円の20% オフ)
  • 実施期間:2016年9月15日~2016年12月26日

※ネットジャパン オンラインショップ(https://mynetjapan.jp/ec)でのみ実施されます。

販売価格と販売見込み

ActiveImage Protector 4の販売価格(税込)は以下の通りです。

  • ActiveImage Protector 4 パッケージ版:8,316円(本体7,700円+消費税616円)
    ※2016/10/3販売開始
  • ActiveImage Protector 4 ダウンロード版:6,156円(本体5,700円+消費税456円)
    ※2016/9/15販売開始

(株)ネットジャパンでは、ActiveImage Protector 4を大手流通、大手ダウンロードサイト、代理店のオンラインショップやネットジャパンのオンラインショップ(https://mynetjapan.jp/ec) を通じて販売し、一年間で5000万円の売上を見込んでいます。

お問い合わせ先、商標

  • 本ニュースリリースに関するお問い合わせは、(株)ネットジャパン マーケティング部 までお願いします。
    E-mail:
  • お客様からのお問い合わせ先は、(株)ネットジャパン 法人営業部までお願いします。
    (TEL)03-5256-0877 (FAX)03-5256-0878 E-mail:
  • Copyright © 2016 NetJapan, Inc. All rights reserved.
    ActiveImage Protector、vStandby AIP、vStandby、vmGuardian、ImageCenter、ImageBootは株式会社ネットジャパンの商標です。
  • 本ニュースリリース中のその他のブランド名及び製品名は、それぞれ帰属する所有者の商標または登録商標です。
  • 画面写真は、こちらからダウンロードできます。