ActiveImage Protectorとは

ActiveImage Protectorは、レガシーマシンから最新の仮想マシンまで様々な環境のWindowsマシンを、先進のディスク イメージング技術により、バックアップ/ディザスターリカバリーできるソフトです。システムを稼動したままでバックアップするホットイメージング、変更部分だけを高速にバックアップする増分バックアップ機能をはじめ、自然災害による被害を想定して、遠隔地にデータを保存できるレプリケーション機能を装備していますので、BCP/DR対策にも使用できます。さらに仮想化環境での大量の重複データの問題を解決するために、イメージングバックアップ製品では初めて(当社調べ)バックアップ時に重複を排除する、重複排除圧縮機能(IDDC : Inline Data Deduplication Compression )を実装しましたので、保存先の容量を大幅に縮小できます。

v3.5 Server / Desktop カタログPDF

v.3.5ご購入についてはcorporate@netjapan.co.jpへお問合わせください。

バージョン3.5の新機能

保存先の容量を大幅に縮小できる重複排除圧縮機能
ボリュームやディスクをバックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルの作成が可能です。イメージファイルの圧縮率は劇的に高くなり、バックアップ保存先の消費容量を大幅に節約できます。重複排除圧縮使用時でもバックアップ速度は従来から大きく変わることはありません。他社製品のように別途ソフトウェアを購入したり、重複排除機能を搭載した高価なストレージを用意したりする必要はなく、特別な設定や操作も不要です。
マルチディスクイメージファイル機能
作成するバックアップイメージファイルを1つにすることで、より効果的に重複排除圧縮をおこなえます。
VMware ESXi 5のコールドバックアップに対応(Server Edition)
ESXi 5 のホストストレージをコールドバックアップできます。VMFSでも使用ブロックのみを対象とするスマートセクターと重複排除圧縮をおこないますので、必要最小の容量でバックアップできます。
新しいファイルシステムへの対応
Windows Server 2012とWindows 8で新しく採用されたストレージスペース(Storage Space)、 ReFS(Resilient File System)、 CSVFS(Cluster Shared Volume File System)と4Kセクターディスクに対応しました。
シュリンクオンザフライ
NTFSのボリュームの縮小復元と縮小複製が可能となりました。これにより、たとえば用意した代替ハードディスクの容量が小さい場合でも復元が可能になります。
ActiveImage Protector Boot Environment(AIPBE)作成ツールを搭載
Windows ADK、Windows AIK を使用して カスタマイズ可能なWindows PE 復元環境が作成できるようになりました。Windows ADK for Win8.1/2012 R2 update まで対応していますので、復元時に必要になる最新のストレージデバイスドライバーをあらかじめ組み込んだ起動環境を作成できます。
Linuxベースの復元環境(AIPBE)を同梱
ActiveImage ProtectorのLinux版を使った起動環境を提供しました。これにより、製品DVDで起動してディザスターリカバリーをおこなったり、コールドバックアップをおこなうことができます。
AIPBEのプリブート起動
光学メディアなしでAIPBEをハードディスクから直接起動できるプリブート機能が使用できるようになりました。光学メディアドライブのないタブレットPC単体でも復元作業をおこなえます。(無償のHyper-V Server、Server Coreは除く)
Windows 8のクライアントHyper-V(Desktop Edition)
ActiveImage Protector for Hyper-V Editionで提供されているReZoom機能とSHR機能をWindows 8上で使用できるようになりました。仮想マシンのLive Recovery(ライブリカバリー)をWindows 8でおこなえますので、サーバーを用意できない場合でも運用の再開が可能です。
最新のuEFI規格のマザーボード(Surface Proなどに搭載)に対応
AIPBE(Linux起動)、プリブート機能がuEFIネイティブモードに対応しました。
無償版VMware ESXiホストへのP2V(物理-から仮想)の直接変換
ローカルでVMDKを作成してからホストにアップロードするのに比べて、大幅に時間が節約でき、また利便性も高まります。
クラウドストレージサービスに対応
バックアップしたイメージファイルのオフサイトレプリケーション(遠隔地データ保存)先として、WebDAV、セキュリティの高いSFTPとクラウドストレージAmazon S3やその互換ストレージ(ニフティクラウドやCloudianなど)に保存できるようになりました。
リモートコンソリデーション
増分バックアップのコンソリデーションを他のPCのActiveImage Protectorからおこなうことができます。バックアップの実行リソースとコンソリデーションの実行リソースを分離することで、バックアップマシンにかかる負荷を分散できます。
オフサイトコンソリデーション
オフサイトレプリケーションした増分バックアップを他のPCのActiveImage Protectorを使ってコンソリデーションできます。遠隔地に保存したイメージファイルを遠隔地でコンソリデーションできますので、コンソリデーション済のファイルを毎回レプリケーションするよりも効率的です。
イメージエクスプローラー機能搭載
ActiveImage Protectorで作成されたバックアップ イメージ ファイルを、Windowsエクスプローラーで直接開くことができるようになりました。これにより、通常のエクスプローラーの操作でバックアップイメージ内のファイルの一覧表示やコピーが可能です。
タスクをWindows イベント ログに記録
全てのタスクが Windows イベント ログに記録されるようになりました。これによりレプリケーションタスクなどバックアップ以外のタスクで発生した成功、失敗イベントを取得して適切なワークフローを実現できます。

基本機能

バックアップ
  • 稼動中のWindowsマシンをバックアップ(ホットイメージング)
    使用中のOS、アプリケーション、フ ァイルの全てを含めたバックアッ プをオンラインでおこなう、ホット イメージング機能を搭載していま す。Windows XP以降に組み込ま れているVSS(Volume Shadow Copy Service)と協調してホットイメージン グをおこないます。
  • 静止中のWindowsマシン全体をバックアップ(コールドイメージング)
    出荷前のクリーンな状態(Windowsのインストール直後など)のバックアップイメージを作成することができます。製品メディアを使ってコンピューターを起動し、シャットダウンした状態のシステムボリュームをバックアップ可能です。また、障害発生時に後で調査するために状態を保存しておきたい場合などにも大変便利です。
  • 最小容量かつ高速なスマートセクターバックアップ
    使用済みセクターのみをバックアップするスマートセクター技術によって、高速かつ最小容量のバックアップが可能です。
  • 独自のフィルタードライバーにより高速な増分バックアップ
    増分バックアップは、前回のバックアップ以降の変更点を保存していきます。復元には基本バックアップイメージに加え、復元したい時点までの全ての増分バックアップイメージが必要ですが、各増分バックアップで必要な時間と容量は、前回からの変更分だけで済みますので、高速で効率的です。データ変更のトラッキング用のフィルタードライバーを独自に開発し、更に高速な増分バックアップをおこないます。
  • リコンサイル機能(継続的増分バックアップ)
    増分バックアップイメージファイルの破損を検出すると、有効な増分バックアップイメージファイルをベースに、増分バックアップイメージファイルを自動生成しますので、増分バックアップを正常に継続できます。
  • コマンドライン実行可能(コマンドライン版を用意)
    ActiveImage Protectorのほとんどの機能を利用できるコマンドライン版を用意しています。コマンドラインやコマンドファイル内で各種パラメータを設定して起動できます。お客様が社内で運用管理ツールを使用している場合、ActiveImage Protectorによるバックアップを統合できます。
  • Windows上からLinuxのExt2/3/4 パーティションのスマートセクターバックアップが可能
    Windows/Linuxのマルチブート環境でも、Windows上のActiveImage Protectorですべて対応できます。
  • バックアップイメージの圧縮化/暗号化<
    パスワード保護とAESの256ビットの暗号化に対応していますので、バックアップされたファイルは安全に保護されます。
  • 不良セクタースキップ機能
    ディスクに読み取れない不良セクターがあってもエラーを無視して、バックアップを継続できます。
  • バックアップイメージを様々なストレージへ柔軟に保存 <
    NAS, SAN(ファイバーチャネル) , USB, FireWire(IEEE 1394), eSATA,ネットワーク共有フォルダーなど、最適な保存先を選択することができます。
バックアップ・オプション
  • オフサイトレプリケーション機能(遠隔地データ保存機能)
    自然災害やシステム障害が発生時には、迅速なデータの復旧が必要となります。バックアップイメージファイルを、遠隔地にレプリケーション(複製)できます。保存先として、ネットワーク共有フォルダ、FT P、SFTP、WebDAV、Amazon S3を選択可能です。
  • バックアップのスケジュール化と世代管理
    バックアップの実行を、1回のみ/週単位/月単位でスケジューリングできます。また、世代管理機能を使用して、指定した世代(バックアップイメージのセット)以前のバックアップイメージを消去することで、ストレージ容量の消費を節約することができます。
  • シャットダウン時に自動で増分バックアップ
    バックアップする必要性を感じながらも、時間的な制約からなかなか実行できないのが現状です。毎日の退社時などにシャットダウンをおこなえば意識せず、短時間でバックアップすることができます。
  • スロットリング機能
    他の業務タスクと同時にバックアップをおこなう場合、スロットリング機能でバックアップタスクの負荷調整ができます。優先順位の変更やネットワークの使用帯域を制限して、業務タスクとバックアップでマシンのリソースを効率よくなるように振り分けられます。
  • バックアップ時のネットワーク帯域制御機能
    ネットワークストレージを保存先にしている場合など同一ネットワークへの負荷が問題になる時に負荷を抑えながらバックアップできます。
  • ディスク間コピー機能
    ハードディスク間でのボリュームコピーが可能です。新しいハードディスクへの移行が簡単におこなえます。コピー先として元より容量の大きなディスクを使えば、比例配分して拡大コピーができます。
整合性のとれたバックアップン
  • Microsoft社標準のスナップショットドライバーを使用
    スナップショットドライバーとして、Microsoft社標準のドライバー(Volsnap)を用いるため、新たなドライバーの追加の必要がなく、ドライバーのコンフリクトを心配せずに運用することが可能です。
  • VSS対応のサーバーアプリケーションをサポート (Server Edition)
    Microsoft社のVSS(Volume Shadow Copy Service)に対応しています。 SQLServer、 ExchangeServer、OracleといったVSS対応のサーバーアプリケーションでは、より整合性の高いバックアップが可能です。
  • 複数ボリュームの同時スナップショット化
    データベースが複数のボリュームにまたがっている場合、ボリューム毎のバックアップ開始時間に差が生じてしまうため単純にバックアップイメージを作成しても正確な復元ができません。このバックアップイメージを復元するとデータベースの整合性が取れず、矛盾が発生してしまいます。ActiveImage Protectorは、全てのボリュームのスナップショットを同時に作成しますので、この問題を解決することができます。
復元機能
  • ディスクイメージベースによる高速で確実な復元
    ハードディスクなどの障害によりシステムが壊れると、OSの再インストール、アプリケーションの再インストール、データの復元といった、面倒な作業が常識となっていましたが、 AcitveImage Protectorは、セクターベースのディスクイメージングですので、バックアップイメージファイルをウィザード形式で復元するだけで済みます。増分ファイルを復元する場合でも最新のバックアップファイルを選択すればよく、1つ1つ指定する必要はありません。
  • BMR(ベアメタルリカバリー)を短時間で実行
    新しいハードディスクへバックアップイメージを復元する場合でも、高速な復元エンジンにより、短時間でボリュームの復元を完了します。
  • リカバリーディスクの作成
    環境に合わせたリカバリーディスクを作成します。その環境で利用しているストレージドライバーやネットワークドライバーを組み込んだリカバリーディスクを作成しますので、起動時に毎回ドライバーを読み込む必要がなくなります。
ネットワーク機能
  • TCP/IPプロパティ、ドメイン、ネットワークリソースを管理
    復元環境内でネットワーク構成を設定することができます。復元にネットワークストレージを使用する際、本番環境のネットワークに接続できない、 DHCPが使用できないということがあります。 ActiveImage Protectorは、直接ネットワークの設定をおこなえますので、ネットワークを経由した復元作業が可能です。
  • リモート管理機能
    ネットワーク経由でリモートでの一括管理機能ができます。リモートコンピューターへの、AIPエージェントのプッシュインストール(新規またはアップグレード)、AIPエージェントがセットアップされたコンピューターのリモート管理(バックアップタスクの実行、タスクの実行状況の確認、バックアップスケジュールの作成)が簡単におこなえます。
  • メール通知機能
    Office365など SSL/TSLが必要なメールサーバを経由して、メール通知をおこなえます。また、サービスがアプリケーションエラーなどで強制終了した場合、サービス再起動を実行します。その際メールによる再起動の成否通知を設定することもできます。
仮想環境にも対応
  • P2V(物理から仮想マシンへの移行)、V2P、P2Pに対応
    Windows Server 2008などのバックアップイメージを VMware ESX Serverのゲスト OSとして復元できます。
  • イメージファイルを別のハードウェア構成の仮想/物理マシンに復元可能
    Windows Embeddedの技術を応用した新開発の A.I.R. ※によって取得したイメージファイルを別のハードウェア構成の仮想 /物理マシンに復元して起動が可能です。
    ※A.I.R.( Architecture Intelligent Restore)とは物理マシンと仮想マシンの間での移行が簡単におこなえるようにしたネットジャパンが開発した技術です。
バックアップイメージの管理機能
  • ファイル /フォルダー単位の復元(イメージマウント機能)
    バックアップイメージを仮想的なドライブとしてマウントすることができ、バックアップイメージ内のファイルやフォルダーを個別に復元可能です。
  • 増分 /差分バックアップをまとめるコンソリデーション(合成)バックアップ
    複数の増分バックアップを 1つにまとめて、増分ファイル数の増加を抑えることができます。
  • バックアップシリーズファイルを 1つにするユニファイ(統合)バックアップ
    増分バックアップとフルバックアップイメージ(ベースイメージ)を合わせて別の 1つのイメージファイルに統合して保存できます。

システム要件

システム要件