ActiveImage Protector for CLUSTERPROとは

ActiveImage Protector for CLUSTERPROは、NECのHAクラスタリングソフトウェアCLUSTERPRO向けのバッ クアップ/リカバリーソリューションです。 CLUSTERPROにより、クラスタ構成されたサーバーのシステムおよびクラスターボリューム(ミラーボリュー ム、共有ボリューム)をディスクイメージングで高速、確実にバックアップすることが可能です。また、万が一の障害発生時には、システムおよびクラスターボリュームを迅速に復元し、素早くシステムを復旧させることができ ます。

導入し易いクラスター環境ライセンス

ActiveImage Protector for CLUSTERPROでは、ActiveImage Protector Server Edition、または、ActiveImage Protector Linux Editionと同等の機能が使えますが、適用されるライセンスは「クラスター環境ライセンス」となります。2台の物理サーバー上でNECの CLUSTERPROのクラスタリング構成を構築した場合に、通常、Server Edition、または、Linux Editionを2ライセンス分購入する価格の約80%で、クラスター環境用のライセンスが購入できるようにしたものです。

きめ細かいフォロー

CLUSTERPROの特殊なクラスタボリュームへの対応、復元作業を補佐する手順書の追加等をおこなっています。また、各CLUSTERPROのバージョン、および、対応OS環境における、検証作業を実施していますので、安心して導入いただけます。

ActiveImage Protector for CLUSTERPROと高可用性を実現するCLUSTERPROの組み合わせにより、事故、天災、人災など予期できない出来事によるソフトウェア障害やハードウェア障害から、OSやアプリケーションを含めたHAクラスタシステム全体の迅速な復旧ができ、CLUSTERPROの高可用性/信頼性を更に向上させることが可能です。

NECのHAクラスタリングソフトCLUSTERPRO Xとのバンドル製品 「ActiveImage Protector plus CLUSTERPRO X」についてはこちらをご覧ください。

バックアップ機能

Linuxのホット/コールドイメージングが可能
ハードディスクまたはボリューム単位でバックアップイメージをオンラインで作成するホットイメージングバックアップが可能です。ActiveImage Protector Boot Environment(AIPBE)からコンピューターをDVD起動して、シャットダウンした状態のシステムボリュームをバックアップするコールドイメージングにも対応しています。これにより、出荷前のクリーンな状態(Linuxのインストール直後など)のバックアップイメージを作成することができます。また、障害発生状態を保存しておきたい場合などにも大変便利です。
保存先の容量を大幅に縮小できる重複排除圧縮機能 (IDDC)
イメージングバックアップ製品で初めて(当社調べ)バックアップ時にデータブロックの重複を排除する機能を実装しました。ボリュームやディスクをバックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルの作成が可能です。重複データが大量にある仮想環境やアップデートを長期間繰り返してきた環境で、ActiveImage Protectorを使えば、それらの重複部分を効率的に排除できます。イメージファイルの圧縮率は劇的に高くなり、保存先の消費容量を大幅に節約できます。
差分バックアップ
差分バックアップは、ベースバックアップ(フルバックアップ)からの変更部分をバックアップしますが、毎回フルバックアップをするよりもバックアップの容量を削減できます。
LinuxバックアップのためのパワフルなGUI実装
X Window System上のデスクトップ環境とWindows 上で動作するGUIを実装しました。すべての操作を飛躍的に簡単に、効率的におこなえます。従来機能はCUI/CLIも引き続き使用できます。
最小容量かつ高速なスマートセクターバ ックアップ
使用済みセクターのみをバックアップするスマートセクター技術を使用していますので、バックアップ容量が最小 で済み、バックアップも高速です。
バックアップイメージの暗号化
パスワード保護とAESの256ビットの暗号化に対応していますので、バックアップされたファイルは安全に保護されます。
不良セクタースキップ機能
ディスク上に読み取れない不良セクターがあってもエラーを無視してバックアップを継続できる、「セクターベース」のバックアップならではの機能です。一部が壊 れた状態であっても不良セクター以外の無事な部分を取り戻すことができます。
コマンドライン実行可能(コマンドライン版を用意)
コマンドラインやコマンドファ イル内で各種パラメータを設定して起動できます。お客様が社内で運用管理ツールを使用している場合、ActiveImage Protectorによる バックアップを統合できます。
様々な保存先に対応(ローカル、ネットワーク共有フォルダーなど)
NAS、SAN(フ ァイバーチャネル)、USB、FireWire(IEEE 1394)、eSATA、ネットワーク共有フォルダーなど、状況に合わせて最適な保存先を選択することができます。

バックアップオプション

マルチスケジュール作成機能
一つのバックアップタスクに対して複数のスケジュールを作成できます。例えば、週単位スケジュールで運用していた場合でも、「毎月1日にだけはフルバックアップを作成したい」ということも可能です。
スケジュールバックアップ
ActiveImage Protector自身が管理するスケジュールバックアップができます。ウィザード形式により、 バックアップ実行のスケジュールとオプションの設定が可能です。
MySQLデータベースのオンラインバックアップに業界で初めて(当社調べ)対応
MySQLは、高速で使い易いことから、世界でも最もよく利用されているオープンソースのデータベースですが、事前にサービスを停止せずにMySQLをバックアップできるツールは今までありませんでした。ActiveImage Protectorは、MySQLデータベースのオンラインバックアップ機能を搭載しています。これにより、MySQLに対する準備を自動化し、データの整合性を保ったまま、イメージングバックアップが可能です。
サイボウズ ガルーン 3、4のオンラインバックアップに対応
サイボウズ ガルーン 3、4のオンラインバックアップに対応しています。これにより、サービスの継続性を必要とされるグループウェア サイボウズ ガルーン 3、4のサービスを停止せずに、データの整合性を保ったまま、オンラインでイメージングバックアップが可能です。
自動化が可能な柔軟なスクリプトでデータベースも安全にバックアップ
バックアップ時のスナップショット取得の前後およびバックアップ完了時に指定したスクリプトを実行できます。たとえば、データベースなどのサービスをバックアップ開始時に一時停止し、スナップショット取得後にすぐに再開、バックアップ終了後にイメージファイルを自動的に別のストレージに転送するといったバックアップタスクと組み合わせた自動化を簡単に実現できます。
スロットリング機能
ActiveImage Protector自身が管理するスケジュールバックアップができます。ウィザード形式により、 バックアップ実行のスケジュールとオプションの設定が可能です。スロットリング機能を使うとバックアップタスクの負荷調整ができます。他のタスクに影響を与えないように、バックアップタスクの優先順位を変更したり、ネットワークの使用帯域を制限できるので、マシンのリソースを効率よくバックアップタスクに振り分けられます。
プロファイルベースのオフサイトレプリケーションの追加
バックアップしたファイルを他の保存先にレプリケーション(複製)することができます。ローカルフォルダー、ネットワーク共有フォルダー(CIFS)、WebDAV(HTTP/HTTPS)、FTP、SFTP、Amazon S3(要AWSCLI) をレプリケーション先として選択できます。
バックアップ後のシャットダウンや再起動が自動的に可能
タスク実行後に[システムのシャットダウン]と[システムの再起動]が可能となりましたので、 バックアップ完了後に自動的に、マシンの電源を切ったり、再起動することができます。

リカバリー機能

ディスクイメージベースによる高速で確実な復元
セクターベースのディスクイメージングですので、バックアップイメージファイルをウィザード形式で復元するだけで済みます。
BMR(ベアメタルリカバリー)を短時間で実行
新しいハードディスクへバックアップイメージを復元する場合でも、高速な復元エンジンにより、短時間でボリュームの復元を完了します。
Linuxベースの復元環境 (ActiveImage Protector Boot Environment=AIPBE)を同梱
ディザスターリカバリー用にあらかじめActiveImage Protectorを組み込んだ復元環境を同梱しています。GUIを使って復元作業などを簡単におこなえます。従来はUbuntuベースでしたが、CentOSベースの復元環境に変更されたことで、操作性がより向上しました。
マルチソースイメージ、マルチターゲットリストア
複数のイメージファイルから柔軟なボリュームレイアウトでリストアができます。例えば、複数の増分ファイルから異なる時点のボリュームを同じマシンに各々復元したり、復元するシステムとは違うマシンのイメージファイルからデータボリュームを復元することができます。
パーティションテーブルの構成が異なるパーティションへの復元が可能
パーティションテーブルの構成がバックアップ時と異なるディスク上のパーティションに対しても、イメージファイルを復元できます。

スナップショットドライバー

自社開発のLinuxネイティブのスナップショットドライバーの組み込み
バックアップ製品開発分野での長年のノウハウを活かした、Linux用のスナップショットドライバー(AIPSNAP)を自社開発し、組み込んでいます。これにより、Linux上でも安全で堅牢なバックアップがおこなえます。
素早いドライバーのアップデート
Linuxは短いサイクルでカーネルのアップデートがおこなわれます。リリース後、すぐに対応するドライバモジュールのアップデートとテストをおこない、短期間でアップデータを提供しています。

イメージファイル管理 / リモート管理

リモートファイルエクスプローラー機能
バックアップ時など、ファイル/フォルダー指定時にWindows共有フォルダーの一覧を取得して簡単に指定できます。また、Windows/Linux GUIでリモート接続している時に、接続先のフォルダー/ファイルや接続先のネットワーク共有を一覧することができますので、保存先フォルダー指定やイメージファイルのマウントをリモート接続したGUI上で簡単におこなえます。
ファイル/フォルダー単位の復元(イメージマウント機能)
システムがクラッシュした場合、特定のファイルさえ復元できれば業務を再開できる場合もよくあります。イメージマウント機能を使えば、バックアップイメージを仮想的なドライブとしてマウントすることができ、バックアップイメージ内のファイルやフォルダーを個別に復元することが可能です。
リモート管理用 Windows コンソール
Windows版のコンソールも同梱しましたので、普段使用しているWindowsマシンからLinuxマシンのバックアップをGUIで直接操作し、管理できます。

その他

RAID対応
RAID構成のバックアップ/リカバリーに対応しています。
アップデート通知、オンラインアップデート機能
インターネット経由で定期的なアップデートの確認とその適用が可能です。
テクニカルサポート
ActiveImage Protectorは自社開発製品ですので、テクニカルサポートは、開発チームと連携して、お客様からの質問にできるだけ早く回答できる体制を整えています。
ウィザード形式による簡単操作
ボリュームレイアウトを一覧できるディスクマップ、スケジュール設定ウィザード、GUI付きの復元環境(Linux)などにより、専門知識がなくても簡単に確実なバックアップ/リカバリーの作業が可能です。

リソース

※for CLUSTERPRO Windows / for CLUSTERPRO Linux 共通です。
  • ActiveImage Protectorの資料 >>
製品に同梱されている各種ドキュメント、Web Help等はこちら >>