ハードウェア
CPU:
Pentium 4、または同等以上の CPU
メイン メモリ(RAM):
1024MB 必須(ActiveImage Protector Boot Environment では 2048MB 以上を推奨
ハードディスク:
800MB 以上
- スナップショットと増分バックアップ時のトラッキング用に各ボリューム10%の空き容量
- 重複排除圧縮を利用する場合は作業領域としてバックアップ対象の総使用容量の1%以上の空き容量、かつバックアップ対象に含まれないボリューム
DVD-ROMドライブ:
製品インストール(製品起動)と復元環境の起動に必要
注意:
IA-32AMD64 アーキテクチャ以外のシステムはサポートされません。
ActiveImage コンソールは "root" ユーザー、もしくは "Wheel" グループに属するユーザーのみが起動できます。その他のユーザーで起動する場合は、ターミナルから以下のコマンドで実行してください。
#sudo /opt/NetJapan/AIProtector
root のパスワード入力

OS
Red Hat Enterprise Linux
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 - 7.6 (x86_64)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.0 - 6.10 (x86_64)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.5 - 5.11 (x86_64)
    * Red Hat Enterprise Linux 5.5 - 5.11 を GUI で操作するには、別のホストにインストールしたコンソールからリモート接続する必要があります。
    * Red Hat Enterprise Linux 4, 5.0 - 5.4 は非サポートです。
CentOS
  • CentOS 7.0 - 7.6 (x86_64)
  • CentOS 6.0 - 6.10 (x86_64)
  • CentOS 5.5 - 5.11 (x86_64)
    * CentOS 5.5 - 5.11 を GUI で操作するには、別のホストにインストールしたコンソールからリモート接続する必要があります。
    * CentOS 4, 5.0 - 5.4 は非サポートです。
注意:
  • 下記のモジュールがセットアップされていない環境では、本製品のセットアップを開始する前に、システムの yum コマンド、もしくは rpm コマンドにより、下記に対応する RPM パッケージをセットアップする必要があります。

    libstdc++.i686、libuuid.i686、 glibc.i686、gcc、kernel-devel、fuse
    * 詳しくは こちらをご参照ください。
  • GUI を起動する場合には下記モジュールがセットアップされている必要があります。GUIを起動する前に、システムの yum コマンド、 もしくは rpm コマンドにより、下記に対応する RPM パッケージをセットアップする必要があります。

    zlib.i686、libxcb.i686、libXrender.i686、libXext.i686、libXau.i686、 libX11.i686、libSM.i686、libICE.i686、glib2.i686、freetype.i686、 fontconfig.i686、expat.i686、mesa-libGL.i686、 xulrunner.i686、 systemd-libs.i686
    *systemd-libs.i686 は Red Hat Enterprise Linux 7 および CentOS 7 以降で必要
    * 詳しくは こちらをご参照ください。

ストレージ
ストレージ:
Parallel ATA, シリアル ATA(eSATA を含む), SCSI, SAS, iSCSI, SAN(ファイバーチャネル), USB, FireWire(IEEE 1394), SMB/CIFSファイル共有プロトコル互換のネットワーク共有フォルダー, NFS(Windowsオペレーティングシステムの共有フォルダおよびSamba)
* CD-R / DVD-Rなどの光学メディアやテープデバイスに直接バックアップを保存することはできません。

ファイルシステム
ファイルシステム:
XFS、Linux Ext2、Linux Ext3、Linux Ext4、XFS、Linux Swap、Linux LVM(ボリューム グループ、および論理ボリューム)、Linux RAID
* Linux RAID は dmraid による RAID については対応していません。
* Linux RAID の mdraid によるベアメタル復元は対応していません。
* 上記以外のファイル システムのイメージ ファイルは、フルセクタ バックアップにより取得可能です。

リモート管理用 Windows コンソール
X window が構成されていない Linux システムにインストールされた ActiveImage Protector を、Windows OS からリモート管理するための ActiveImage コンソールも同梱されます。 設定手順などはこちらをご確認ください。

ActiveImage Protector Boot Environment (Linux)
メインメモリ:
1GB 必須 (2GB 以上を推奨)
DVD-ROM ドライブ:
起動環境ディスクからの起動に必要
その他:
* 重複排除機能の使用条件は以下になります:
  • バックアップ イメージ ファイルの保存先以外に、バックアップ対象の使用領域の2.5%以上の空き領域があるボリュームが必要
  • CPU: デュアルコア以上の CPU(推奨)
  • メイン メモリ: 8GB 以上のメイン メモリ(推奨)
* Intel Itanium(IA-64)ベースで稼働するシステムはサポートされません。
ファイル システム:
FAT16, FAT32, NTFS, Linux Ext2, Linux Ext3, Linux Ext4, Linux Swap, Linux LVM, XFS
* MBR ディスク、および GPT ディスク上の上記ファイル システムに対応します。
* Windows 8 以降の OS 上に構成された記憶域(Storage Space)上のボリュームには対応しません。
ストレージ インターフェース:
ATA、 SATA、 eSATA、 SCSI、 USB、 FireWire (IEEE 1394)、 SAS、 SAN (ファイバー チャネル)、 ネットワーク ドライブ、 SMB/CIFS ファイル共有プロトコル互換のネットワーク共有フォルダー(Windows OS の共有フォルダーおよびSamba)
* iSCSI の使用方法についてはこちらを参照してください。
* SAN(ファイバー チャネル)は、起動環境上にドライバーが存在しロードされている場合のみ使用可能です。