Hyper-V仮想環境用バックアップ、ディザスターリカバリーソリューション

ActiveImage Protector

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterpriseとは

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterpriseは、Hyper-V仮想環境に特化したエージェントレス・バックアップソリューションです。仮想マシンをすべて含んだHyper-Vホスト全体のバックアップ、リストア、仮想マシン毎のリストアを簡単におこなうことができます。仮想マシンごとに1台1台バックアップソフトをインストールし、個別にバックアップイメージを作成し、管理をするといった煩雑な作業は不要です。
操作動画を見る >>

new_icon
NEW!! 総合管理コンソールのActiveVisorに対応し、仮想マシンをすぐに起動して使える機能を搭載:
ActiveImage Protector™では、仮想マシンをすぐにリストアできるReZoom it!™を開始すると、同時に仮想マシンを起動してすぐにそのマシンを使えるようになる「ReZoom™it! ライブ」という新機能が追加されました。また、ActiveImage Protector™のための総合管理ツール、ActiveVisorにも完全対応した他、バックアップ完了後すぐにブートチェック(BootCheck™)や結合など、イメージに対する操作をおこなうことができるようになりました。

...
Hyper-Vの仮想環境に最適化されたバックアップソリューション:
ActiveImage Protector for Hyper-Vは仮想マシンごとHyper-Vのホスト全体を一括してバックアップをおこないます。バックアップ時にはHyper-Vに組み込まれているHyper-V VSS writerを使用することで、ホストだけではなく、稼働中の仮想マシンに対してもホットイメージングをおこないます。

...
高速で柔軟なリストアを実現するReZoom it! と仮想マシンをすぐに起動できるReZoom™ it! ライブ:
「ReZoom™ it!」とは、Hyper-Vホスト全体を一括で取得したバックアップイメージに含まれる仮想マシンを、同一あるいは異なるHyper-Vホスト上、さらにリモートのHyper-Vホスト上へもリストアできる機能(ReZoom it!マイグレーション機能)です。ReZoom™ it! ライブは、ReZoom it!™開始と同時に、仮想マシンを起動してすぐにそのマシンが使用できるようになる機能です。

...
柔軟な復元機能:
ActiveImage Protectorの起動環境AIPBE(ActiveImage Protector Boot Environment)を提供しています。これにより、ディザスターリカバリーが簡単におこなえます。

...
独自の重複排除圧縮機能 (IDDC)搭載:
8TBを超えるデータを持つボリュームに対してもパフォーマンスを維持して、重複排除圧縮がおこなえます。数TB以上の仮想マシンを複数含むボリュームでは特に威力を発揮します。

...
フェイルオーバークラスター環境への取り組み :
CSVFSに対応し通常のNTFSボリュームと同様のスマートセクターバックアップ/リストアがおこなえます。

...
ウィザード形式による簡単操作:
ウィザード形式により、専門知識がなくても簡単に確実なバックアップ/リカバリーの作業が可能です。

...
Server Core、Hyper-V Server 2016 への対応:
Windows Server 2016 Hyper-Vのバックアップ、リストア、仮想マシン形式に対応しています。