概要と特長

ImageBootは、ActiveImage Protectorで作成したバックアップイメージファイルからリストアや仮想化変換をせずに、仮想マシンとして即時起動できる(2分以内に)ソリューションで、ActiveImage Protectorに付属しているツールです。

ImageBootは、「バックアップファイルが間違いなく復元できて、ブート可能かをもっと簡単に確認したい」、「仮想化の動作試験がしたい」、「緊急に一時的にバックアップファイルから起動したい」、という従来からのユーザーの要望に応えて、ネットジャパンが独自に開発したユーティリティで、誰でも無償でダウンロードして使用することができます。

特長は以下の通りです。

  • ネットジャパンのActiveImage Protector のバックアップイメージファイルを仮想ハードディスクとしてアタッチした仮想マシンを即座に起動できます。例えば、通常1TBのWindowsシステムのイメージファイルの復元には、数時間以上を要しますが、ImageBootなら2分足らず(弊社実測値)で起動できます。
  • ImageBootで起動した仮想マシンは、OS, すべてのアプリケーションやデータを含んでいますので、障害が発生したシステムや故障したハードウェアが修復されるまで、暫定的なマシンとして使用し続けることができます。
  • 短期間の代替サーバーとして継続的に使用した場合、代替運用した期間の変更部分を含めてイメージファイルとして保存していますので、本体復旧時にはイメージファイルからの復元可能です。
  • リストア作業、仮想化変換作業は不要です。
  • 従来のバージョンでは、同じ署名のディスクは同一システム上に存在できないという制限があったため、ImageBootを使ってバックアップイメージをそのPC上で確認しようとしても起動できませんでした。バージョン3では、自分自身のイメージの起動を確認できるようになりました。
  • Windows 上で動作する主要な仮想アプリケーション:VMware WorkStation / Player/Player pro、Microsoft Hyper-V, Oracle VirtualBox で動作可能です。これは世界初(当社調べ)です。
  • uEFIと2TB超えのドライブのサポート
  • 同一ホスト上で ImageCenter™ と一緒に使用できます.
  • ImageBootは誰でも無償でダウンロードして、使用できます。

ImageBootの仕組み

NetJapan独自の技術により、ImageBootは、バックアップイメージファイルから、リストアや仮想化変換をすることなく仮想マシンを起動することができます。仮想マシン上のハードディスクは通常の仮想ハードディスクと同等に扱えます。ImageBootは、Windows上の仮想アプリケーションVMWare Workstation / Player, Hyper-Vなどの代表的なWindows上の仮想アプリケーションに対応していますので、仮想マシンの作成、アタッチ、起動までを簡単におこなうことができます。

ImageBootの用途

ImageBoot が有効利用できると想定されるケースは以下の通りです。
  • サーバー管理者が導入段階でのリストアの確実さを試験することはあるが、運用開始後、一定期間経過した時点で、作成されたバックアップファイルのディザスターリカバリーをテストすることは大変なので、やりたくない
  • 不具合の原因を探す時に各々の増分ファイルをリストアしなくてはならない
  • 仮想化のテストをおこなう際に、すべてを仮想化変換して確認する余裕がない
上記のような場合に、ImageBootは、バックアップイメージファイルから直接仮想マシンを起動しますので、リストアの時間が不要になり、緊急時には即座に対応できます。サーバーの問題検証時に複数の増分ファイルがあっても、各々直接起動できますので、個々にリストアする必要がなく、大変実用性の高いユーティリティです。

リソース

  • カタログ / PDF
  • ImageBoot / vStandby AIP/ vStandbyの機能比較 / PDF
  • ホワイトペーバー / PDF
  • 活用例集 / PDF
    ImageBoot のスピーディな起動が、以下のような場面でどれほど有用であるかを解説した資料です。
    1. ディザスターリカバリーの動作検証を気軽に実行
    2. 不具合の原因究明も、各バックアップファイルから即時起動で時間短縮
    3. 仮想化の事前検証でストレスフリーの移行を実現
    4. Exchange Server(ユーザーメールボックス)を含むオペレーティングシステム環境の即時起動と、メールボックスからのメッセージの即時復旧の実現
    5. 旧世代・旧バージョンのアプリケーション環境の即時起動
    6. ソフトウェアの評価・テストの負担を軽減


システム要件

使用するハイパーバイザーのシステム要件を満たす必要があります。

サポートするハイパーバイザー

  • VMware Workstation 10、11、12 Pro
  • VMware Player 6、7、12 Player
  • Microsoft Hyper-V (Windows Server 2008 R2 の場合、あらかじめ Microsoft .Net Framework 4 以降が構成されている必要があります)
  • Oracle VirtualBox 5

サポートするオペレーティング システム(ホスト)

Windows 7 (32ビット、および64ビット)、Server 2008 R2 以降

サポートするオペレーティング システム(ゲスト)

Windows XP (32ビット、および64ビット)、Server 2003 (32ビット、および64ビット)以降
※各ハイパーバイザーの使用条件に準じます。