ActiveImage Protector のパーソナルユーザー向け製品

ActiveImage Protector 4は、ハードディスク内のシステムOS、アプリケーションやデータもまとめて、イメージファイルとして、Windowsを停止せずにバックアップ(ホットイメージング)できるツールです。使用済みセクターのみをバックアップするスマートセクター技術によって、高速かつ最小容量のバックアップが可能です。ハードディスク全体のバックアップに加えて、前回からの変更部分だけをバックアップする「増分バックアップ」機能もにより、短時間でバックアップが済みます。さらに、独自開発した「重複排除圧縮」機能により、バックアップ容量が元データの半分くらいに圧縮されますので、バックアップ容量が大幅に軽減されます。 イメージファイルの保存先は、内蔵、外付けのハードディスクの他、NASなどのネットワークストレージ、USBメディアへの保存も可能です。

new_icon
New!!
新規のGUIを採用し、バックアップ/リストアやイメージファイルの操作性が前のバージョンに比べて飛躍的に向上しました。

バージョン4における主な新機能は以下の通りです。
  • 新規GUI
  • Windows 10 Anniversary Update対応(SP1での対応)
  • イメージエクスプローラー機能
  • シュリンクオンザフライ機能(NTFSボリュームの縮小復元)(SP1での対応)
  • NTFSボリュームのサイズを指定して復元可能(SP1での対応)
  • バックアップ再開機能(SP1での対応)
  • シャットダウン時の自動バックアップ(SP1での対応)
  • GPT/uEFIのシステムの復元も可能
  • マルチソースイメージ、マルチターゲットリストア機能
  • USBスマートディテクト(検出)機能
  • Windows PE 復元環境を作成可能
  • USBメモリ、USBドライブ、ISOファイルや光学メディア起動の復元環境を作成
  • AIPBEのプリブート起動
  • イメージファイルを仮想マシンとして即時起動できる、ImageBootを同梱
  • アップデート通知、オンラインアップデート機能
詳細は リリースノートをご覧ください。>>

...
独自の重複排除圧縮機能 (IDDC)搭載:
バックアップ時にデータブロックの重複を排除する機能を実装しています。これにより、保存先の消費容量を大幅に節約できます。

...
スマートセクターによる高速バックアップ :
使用済みセクターのみをバックアップするスマートセクター技術によって高速かつ最小容量のバックアップが可能です。

...
高速な増分バックアップ:
増分バックアップは、前回のバックアップ以降の変更点を保存していきます。必要な時間と容量は、前回からの変更分だけで済むので高速で効率的です。

...
オフサイトレプリケーション機能(遠隔地データ保存機能):
バックアップイメージファイルを、遠隔地のWANネットワーク上の共有フォルダーやFTPディレクトリへレプリケーション(複製)できます。

...
ImageBootにより即時起動」を実現:
ActiveImage Protectorのバックアップイメージファイルをリストアや仮想化変換をせずに、直接仮想マシンとして即時起動(数分以内に)できるImageBootを同梱しています。

...
最新のOSやuEFI規格のマザーボードに対応:
Windows 10に対応しています。uEFI起動環境のGPTディスクのバックアップ/リカバリーにも対応しています。