Windows向けバックアップ、ディザスターリカバリーソリューション

ActiveImage Protector 2018 Update Server/Desktop Edition

ActiveImage Protector Server Edition / Desktop Editionとは

ActiveImage Protector は、Windowsサーバー向けの物理/仮想環境両方で使えるイメージングバックアップツールです。 昨今導入が増えているパブリッククラウド上のサーバーでも、オンプレミスと同じようにバックアップ、リストアができます。独自開発した「重複排除圧縮」機能により、保存先のバックアップ容量も大幅に軽減できます。ランサムウェアなどのサイバー攻撃を受けた場合でも、ActiveImage Protectorでバックアップをとってあれば、すぐに復元できます。

new_icon
HDDを丸ごと高速バックアップ、復元
ハードディスク全体をセクターコピーにより、システム、アプリケーション、データ全てを丸ごとバックアップし、イメージファイルとして保存します。システム障害などの際には、ファイル、フォルダー単位での復元はもちろん、OSを含めた全ての復元を簡単に一括処理でおこなえます。集中管理コンソールのActiveVisorにも完全対応しています。

...
独自の重複排除圧縮機能 (IDDC)搭載:
バックアップ時にデータブロックの重複を排除し、圧縮する機能を実装しています。これにより、保存先の消費容量を大幅に節約できます。重複排除圧縮使用時でもバックアップ速度は従来から大きく変わることはない上、別途ソフトウェアを購入したり、重複排除機能を搭載した高価なストレージを用意したすることも不要です。

BootCheck™(ブートチェック):
「ポストバックアッププロセス」の機能として搭載されたBootCheck™は、Windows上の仮想化ソフトウェアを使って、バックアップイメージが確実に起動できる状態であることを即座にテストできる機能です。イメージファイルから直接起動しますので、低リソース、短時間で起動確認が完了でき、非常に便利です。また、イメージファイル管理内から手動でも使用できますので、ユーザーの任意のタイミングでも起動確認可能です。

バックアップのスケジュール化と世代管理
バックアップの実行を、1回のみ、週単位、月単位でスケジューリングしたり、特定の月の特定の曜日にスケジュールを設定できます。また、世代管理機能を使用すれば、ストレージ容量の消費を節約することができます。

...
vStandbyにより即時起動を実現:
仮想スタンバイ可用性ソリューションのvStandbyを統合することで、障害発生時には仮想スタンバイレプリカからいつでも即座に(実測値:約2分)再稼働できます。

...
クラウドストレージサービスに対応(オフサイトレプリケーション)
ActiveImage Protectorでは、オフサイトレプリケーション(遠隔地データ保存)が可能です。レプリケーション先として、WebDAV、Amazon S3(その互換ストレージであるCloudianなどを含む)、Azure Storage、OneDrive、Google DriveやDropbox等、幅広く対応していますので、災害対策としても使用できます。

...
バックアップ作成したイメージファイルを、iSCSIターゲットに:
ActiveImage Protectorでバックアップ作成したイメージファイルは、iSCSIターゲット化することによって、ローカル及びネットワーク上にある任意のiSCSIイニシエータからローカルディスクとしてマウントすることができます。万が一サーバーに障害が発生した場合には、マウントしたディスクをHypervisor上の仮想マシンに直接アタッチすることによって、即時ブート、運用再開ができます。

...
ランサムウェア対策のベストソリューション:
ランサムウェアは、セキュリティソフトを使っても完全に防ぐ手立ては今のところありません。最も有効な対策は「バックアップ」です。ActiveImage Protectorでは、バックアップが終わると自動的に保存先を遮断する機能(ImageIsolate™)が追加されましたので、保存先を安全に隔離することができます。