ActiveImage Protector Server Edition / Desktop Editionとは

ActiveImage Protector は、Windowsサーバー向けの物理/仮想環境両方で使えるイメージングバックアップツールです。ハードディスク全体をセクターコピーにより、システム、アプリケーション、データ全てを丸ごとバックアップし、イメージファイルとして保存します。システム障害などの際には、ファイル、フォルダー単位での復元はもちろん、OSを含めた全ての復元を簡単に一括処理でおこなえます。 昨今導入が増えているパブリッククラウド上のサーバーでも、オンプレミスと同じようにバックアップ、リストアができます。独自開発した「重複排除圧縮」機能により、保存先のバックアップ容量も大幅に軽減できます。ランサムウェアなどのサイバー攻撃を受けた場合でも、ActiveImage Protectorでバックアップをとってあれば、すぐに復元できます。
操作動画を見る
>>

new_icon
New!!
新規のGUIを採用しましたので、バックアップ/リストアやイメージファイルの操作性が前のバージョンに比べて飛躍的に向上しました。また、複数のバックアップイメージファイルを一括で管理できる、ImageCenter LEと、イメージファイルを仮想マシンとして直接起動できる、ImageBootを製品に同梱しました。さらにActiveImage Protector 2016 R2では、リモートネットワークコンピューターへActiveImage Protectorのエージェントやコンソールを一括でインストールできるプッシュインストール機能やリモートエージェントの状態表示などがおこなえるリモート管理コンソールを実装しました。最新の機能は、リリースノートをご覧ください。


...
独自の重複排除圧縮機能 (IDDC)搭載:
イメージングバックアップ製品では初めて(自社調べ)バックアップ時にデータブロックの重複を排除する機能を実装しました。これにより、保存先の消費容量を大幅に節約できます。

...
スマートセクターによる高速バックアップ :
使用済みセクターのみをバックアップするスマートセクター技術によって高速かつ最小容量のバックアップが可能です。

...
高速な増分バックアップ:
増分バックアップは、前回のバックアップ以降の変更点を保存していきます。必要な時間と容量は、前回からの変更分だけで済むので高速で効率的です。

...
イメージファイルの管理ツール、ImageCenter LEを同梱:
ActiveImage Protectorとは別のサーバーを使ってイメージファイルのレプリケーションとコンソリデーションを、スケジュール動作させることができます。これにより、バックアップ元のサーバー負荷を大幅に軽減できます。

...
ImageBootにより即時起動」を実現:
ActiveImage Protectorのバックアップイメージファイルをリストアや仮想化変換をせずに、直接仮想マシンとして即時起動(数分以内に)できるImageBootを同梱しています。

...
ランサムウェア対策のベストソリューション:
ランサムウェアは、セキュリティソフトをインストールしてあっても巧みに防御を潜り抜けて、コンピューター内に侵入する可能性があり、完全に防ぐ手立ては今のところありません。最も有効な対策は「バックアップ」です。ActiveImage Protectorでバックアップをとっておけば、ランサムウェアに感染した場合でもすぐに元の状態に戻すことができます。