ActiveImage Protector Virtual Editionとは

ActiveImage Protector Virtual Editionは、仮想環境向けのバックアップ/ディザスターリカバリーソリューションです。ハードディスク全体をセクターコピーにより、システム、アプリケーション、データ全てを丸ごとバックアップし、イメージファイルとして保存します。システム障害などの際には、ファイル、フォルダー単位での復元はもちろん、OSを含めた全ての復元を簡単に一括処理でおこなえます。 ActiveImage Protector Server / Desktop EditionActiveImage Protector Linux Editionの3製品から構成されていて、3製品の機能がすべて使用できます。ライセンスは、「仮想環境ライセンス」あるいは「クラウドライセンス」が適用されます。

new_icon
New!!
ActiveImage Protector 2018では、バックアップ完了後にブートチェック(BootCheck™)や結合などのイメージに対する操作をおこなうことができるようになりました。また別製品として販売しているvStandbyを統合しました。これにより、物理、仮想用の待機マシンを作成し、障害時には、即座に起動できる機能を実現しました。Linux Editionでは、新しいスナップショットドライバーが実装され、より確実なバックアップが可能となりました。

...
独自のライセンス体系:
ActiveImage Protector Virtual Edition では、仮想環境に柔軟に対応するために "仮想環境ライセンス" あるいは "クラウドライセンス"の2種類が用意されていて、お客様の環境に合わせて経済的にお使いいただけます。

...
仮想環境ライセンス:
「仮想環境ライセンス」は、1仮想環境ホストに対してライセンスされ、仮想環境ホスト上で稼動する仮想OSの種類、数に制限なくインストールし、使用できるようにしたライセンスで、Linux用のライセンスを別途購入する必要もありません。

...
クラウドライセンス:
パブリッククラウドなどクラウド上の仮想マシンであれば、ホストに関係なく5台まで1ライセンスで使用できます。また、仮想マシン1台単位で利用できるパブリッククラウド用仮想シングルライセンスを用意しています。

...
Server/Desktop/Linux Editionの3製品
ActiveImage Protector Virtual Edition にはWindows Server/Desktop と Linux Serverで使える3つのActiveImage Protectorが含まれています。

...
Server Editionのすべての機能が使用可能:
Server Editionの詳細については、以下をご覧ください。 ActiveImage Protector Server / Desktop Edition

...
Desktop Editionのすべての機能が使用可能:
Desktop Editionの詳細については、以下をご覧ください。 ActiveImage Protector Server / Desktop Edition

...
Linux Editionのすべて機能が使用可能:
Linux Editionの詳細については、以下をご覧ください。 ActiveImage Protector Linux Edition