ActiveImage Protector
vStandby 機能

vStandby機能

vStandbyは、物理サーバーや仮想マシンの待機用にHyper-VあるいはVMwareのESX/ESXi仮想環境上に仮想レプリカを、スタンバイマシンとして構成し、障害発生時にはその仮想スタンバイレプリカ(VSR)からいつでも即座に(実測値:約2分)再稼働できるソリューションです。vStandbyで作成される仮想スタンバイレプリカは、ソースとなるマシンとは完全に分離しているため、ソースマシンがランサムウェアなどのウイルスに感染したとしても影響を受けることは原理的にありません。ですので、ランサムウェア対策のソリューションとしても最適です。※vStandbyは、バージョン2018から仮想スタンバイ機能としてActiveImage Protector に組み込まれました。

CircArrow
“スタンバイ可用性”の仮想スタンバイレプリカ(VSR)を使った経済的なデータ保護
ミッションクリティカルなサーバーの仮想スタンバイレプリカを作成し、コストを抑えた“スタンバイ可用性”による保護がおこなえます。

Migration of Windows Servers
ランサムウェアのベストソリューション
ソースマシンと仮想待機レプリカは完全に分離しているため、原理的にランサムウェアの影響は受けず、感染前のブートポイントから起動してすぐに再稼働できます。

cal
増分の物理から仮想変換のスナップショットをスケジュール管理可能
物理/仮想マシン(ソースマシン)を元に仮想スタンバイレプリカを作成し、スケジュールに従って仮想変換、ディスクの更新内容の転送をおこないます。スケジュール毎に起動可能なブートポイントを作成しますので適切な状態だった時の仮想スタンバイレプリカを仮想環境上ですぐに起動できます。

VMWare
無償版のESXiでは、スタンバイ仮想ディスクを作成可能
無償版のESXiを使用している場合には、最新の更新状態を保持できるスタンバイ仮想ディスクを作成できます。(一部制限あり)

復元作業は不要、簡便な復元ツールとして
ソースマシンに障害が発生したら、仮想スタンバイレプリカを、選択したブートポイントから起動して業務を継続できますので、ダウンタイムも僅かで済みます。煩雑な復元作業は一切不要です。

Restore
元の物理マシンに復元が可能(V2P機能)
仮想スタンバイレプリカで一時的に運用したあと、復旧した元の物理マシンに運用時の変更を含めて復元が可能です。

ディザスターリカバリー不要な仮想スタンバイ可用性ソリューション

物理/仮想マシンの仮想スタンバイレプリカを作成
物理/仮想マシン(ソースマシン)を元に仮想スタンバイレプリカを作成し、スケジュールに従って仮想変換、ディスクの更新内容の転送をおこないます。スケジュール毎に仮想変換済の起動可能なブートポイントを作成しますので、適切な状態だった仮想スタンバイレプリカをすぐに起動できます。
 

 
仮想スタンバイレプリカは増分更新
ネットジャパンのP2Vの技術を使った仮想変換(P2V)により、ソースマシンの更新部分は仮想スタンバイレプリカに増分として反映されブートポイントに変換されます。初回の更新は対象ディスク全体が対象になりますが、2回目以降は更新部分をブロックベースの増分として反映しますので高速です。
仮想ディスクの容量のみ必要
P2Vをおこなう通常のバックアップイメージファイルでは、バックアップの容量プラス仮想変換の容量が必要なため、容量が倍になってしまいます。vStandbyを仮想変換ツールあるいは“スタンバイ可用性”ツールとして使う場合、スタンバイ仮想レプリカのディスクを直接更新するので、最小限のリソースで運用可能です。これはネットジャパンが開発したインラインP2V技術 によるものです。
リカバリー作業不要、簡便な可用性ツールとして
ソースマシンに障害が発生したら、仮想スタンバイレプリカのブートポイントを選択して起動すれば、すぐに仮想スタンバイレプリカが稼働します。リカバリー作業は一切不要です。これにより最小のダウンタイムで業務を継続することができます。

物理から仮想あるいは物理から仮想への移行ソリューション

Windowsサーバーの物理から仮想への移行ツールとして
vStandby はWindowsの物理サーバーからHyper-VあるいはVMware ESXiの仮想環境への移行ツールとしても有効です。Windows 2003 Server以降に対応しています。
仮想スタンバイレプリカを元の物理サーバーへリストアする、仮想-物理変換機能(V2P)
ブートポイントから起動して運用、データが更新された 仮想スタンバイレプリカを復旧した物理サーバーへ再度変換する機能です。Windows PEベースのV2Pツールを物理サーバー上で起動して仮想レプリカから復旧します。

ランサムウェア対策に有効なソリューション

仮想スタンバイレプリカはソースマシンと完全に分離
ファイルを暗号化して身代金を要求するランサム ウェアでは、バックアップファイルも標的となってきています。バックアップファイルも”ファイル”ですのでランサムウェアに感染すると、バックアップからのファイルの復元ができなくなる可能性もあります。vStandbyで作成される仮想スタンバイレプリカは、ソースとなるマシンとは完全に分離しているため、ソースマシンがランサムウェアに感染したとしても影響を受けることは原理的にありません。感染前のブートポイントから確実に復旧し、すぐに再稼働できます。
 

その他の機能

Hyper-V, ESXi両方に対応
Windows Server 2016 Hyper-VとVMware ESXi 6.0の 両方に対応しています。
無償版のVMwareのESXiでは仮想スタンバイディスクを作成可能
無償版のESXiを使用している場合はハードディスクの仮想スタンバイレプリカを作成できます。非同期型の増分のレプリケーションの更新は、スタンバイのVMDKに直接適用されます。新しい仮想レプリカを作成して、スタンバイのVMDKをアタッチすると、仮想スタンバイレプリカとして最新の更新が適用された状態で起動します。(有償版のESXiでは、増分の物理仮想変換のスナップショットが取得され、指定したスナップショットから、仮想レプリカを起動できます。)
アクティブディレクトリの対応
アクティブディレクトリのドメインサーバーを仮想スタ ンバイレプリカとして作成、起動できます。
仮想NICにVMXNET3を使用可能
ソースは物理マシンの場合でもVMware ESXiの仮想マシンの仮想NICのデバイスドライバーとして高速なVMXNET3を指定できます。