ImageCenter™ LEは、ActiveImage ProtectorとvmGuardianのイメージファイルをリモートで一元管理できるツールです。ActiveImage Protectorには、バックアップ時と手動操作でのイメージファイルのレプリケーションとコンソリデーション機能は装備されています。しかし、バックアップをおこなっているマシン上でこれらの処理を同時におこなうと、サーバーの負荷が大きくなります。ImageCenter™ LEを使えば、ActiveImage Protectorとは別のサーバーを使ってスケジュール動作させることが可能になります。これにより、バックアップ元のサーバー負荷を大幅に軽減できます。また、バージョン2.0では、Hyper-V ホスト上でImageCenter LEを使用すると、バックアップイメージが確実に起動できる状態であることを即座にテストできる「イメージブートテスト機能(ImageBootTest™)」が装備されました。※ImageCenter™LEはActiveImage ProtectorやvmGuardianのユーザーであれば、無償でダウンロードできます。

ImageCenter™ LEの特長
ActiveImage ProtectorとvmGuardianの両方のイメージファイルを統合的に管理できるツールです。ActiveImage Protectorのイメージファイルのレプリケーション、コンソリデーションとvmGuardianのイメージファイルのレプリケーションが可能です。


イメージファイルのレプリケーションやコンソリデーションをおこなう際に、バックアップしているマシンに負荷をかけず、イメージファイルの処理を行うことができます。

毎日決まった時間やバックアップファイル数に応じたレプリケーションがおこなえます。

新しくイメージブートテスト機能(ImageBootTest™)を装備しました。Hyper-V ホスト上でImageCenter LEを使用すると、バックアップイメージが確実に起動できる状態であることを即座にテストできます。ImageBootの技術を使ってイメージファイルから直接起動しますので、確認のために仮想マシンのクローン作成をおこなう必要はなく、低リソース、短時間で起動確認が完了します。物理マシンのイメージファイルでもP2Vを自動的におこないますので、起動確認が可能です。


ActiveImage ProtectorやvmGuardianのユーザーであれば、無償でダウンロードできます。

レプリケーションのオプションとして以下が選択できます。
  • 最新世代のみ(最新の世代のみをレプリケーション)
  • 増分イメージ ファイルのみ(増分イメージ ファイルのみをレプリケーション)
  • 常にレプリケーション元と同じ状態にする(レプリケーション先をレプリケーション元と同じ状態にする)
  • サブフォルダーを作成する(指定したパスに、サブフォルダーを作成してイメージ ファイルをレプリケーション)

コンソリデーションのスケジュール設定は、以下の条件で設定できます。
  • 即時実行(新しいイメージ ファイルが作成されるとすぐにタスク)
  • 新しい増分イメージ ファイルが 指定した個数作成されるたび(新規増分イメージが指定個数作成されるとタスクが実行)
  • 時間指定(週単位、月単位)


レプリケーション先として、以下が選択可能です。
  • ローカル ストレージ
  • ネットワーク共有 フォルダー
  • SFTP、FTP、FTPS
  • WebDAV
  • Amazon S3


ImageCenter™ LEが活用できるケース

  • ActiveImage Protectorのバックアップイメージファイルの管理を一元化したい場合
  • レプリケーション、コンソリデーションの負荷を分散したい場合
  • コンソリデーションを自動化したい場合
  • vmGuardianのイメージファイルをスケジュールレプリケーションしたい場合