ひとつのソリューションで事業計画を継続

バックアップをオンサイトに保存

バックアップをオンサイトに保存
ネットジャパンのバックアップソリューションが、大切なデータ、システム、アップリケーション、コンピューターの設定を保護します。バックアップファイルはローカルや NAS/SAN などのネットワークストレージデバイス、外付けハードディスクに直接保存できます。オンサイトにバックアップファイルを保存しておくことで、送信やダウンロードにかかる待機時間をなくし、瞬時に復元したり、仮想マシンとして起動したりすることができます。

バックアップをレプリケーションして遠隔地に保存

バックアップをレプリケーションして遠隔地に保存
昨今、ランサムウェアが企業を標的に重大な脅威をもたらし、重要なシステムやデータに自然災害を超える被害を与えています。最近のサイバー攻撃は、ローカルマシンだけでなくローカルネットワークを通じて攻撃の対象を拡げています。ランサムウェア攻撃への対抗策強化として、バックアップコピーを必ずオフサイトにも保存しておきましょう。 ActiveImage Protector と一緒に ImageCenter LE を利用すれば、バックアップファイルを別の保存先にレプリケーションできます。保存先として、ローカルハードディスク、NAS、SAN などのネットワークストレージ、社内の遠隔地サイト、SFTP 、FTPS、FTP、WebDAV、Amazon S3 クラウドストレージ、などを選べます。 ImageCenter LE は、ほとんどの ActiveImage Protector ソリューションに標準で付属、もしくは無償でダウンロードできます。ActiveImage Protector がインストールされているサーバーと別のサーバーに ImageCenter LE をインストールすることで、バックアップを実行するマシンに負荷をかけず、レプリケーション処理を行うことができます。

バックアップをクラウド上に保存

クラウド
クラウド上にバックアップを保存する企業が増えています。インターネットのネットワーク帯域幅が広くなって、クラウドの利用が以前よりも容易になったことが一因しています。ImageCenter LE を使えば、フルバックアップでも増分バックアップでも Amazon S3 クラウドストレージや自社のクラウドストレージにレプリケーションできます。

バックアップテスティング

バックアップテスティング
定期的にバックアップを取ってデータを保護することは大切ですが、復元が必要になった場合、バックアップイメージは確実に復元できる状態でしょうか?バックアップファイルの整合性テストは事業継続計画で非常に重要なプロセスですが、手順が煩雑で時間がかかるため、多くの企業が見過ごしがちです。ネットジャパンのソリューションには多彩なチェック機能が組み込まれ、バックアップの整合性を確認できます。

  • バックアップ通知
    バックアップタスクが正常に終了した場合、もしくは失敗した場合に電子メールで通知します。

  • バックアップファイルの整合性を検証
    バックアップファイルの整合性をセクターレベルで検証するため、ActiveImage Protector はバックアップコンテンツをハッシュ値による検証を行います。それにより、バックアップファイルが破損していないことを確認します。

  • バックアップファイルが起動可能か確認
    バックアップファイルが完全であっても、復元したシステムが起動するとは限りません。起動設定が破損していたり、ドライバーが異常であったりして起動できない原因になることもあります。BootCheck を使えばバックアップファイルが実際に起動可能か確認できます。

  • バックアップファイルのコンテンツを参照
    バックアップファイルから1つのファイルやフォルダーだけを復元したい場合に、ドライブレターを割り当て、バックアップファイルをマウントするという面倒な操作を省いて、簡単にコンテンツを参照することができます。

インスタント可用性

インスタント可用性
インスタント可用性ツールで、システム障害発生後も即時にシステムを起動できます。

  • 一時的フェイルオーバー
    一時的なフェイルオーバーソリューションとして、バックアップファイルを2分以内に仮想環境で起動します。障害が発生したシステムや故障したハードウェアが修復されるまで、暫定的なマシンとして使用し続け、データにアクセスすることができます。ImageBoot はインスタント可用性ツールとして、ほとんどの ActiveImage Protector に標準で付属、無償でご利用頂けます。

  • 継続的フェイルオーバー
    障害発生時、ActiveImage Protector で作成したバックアップイメージファイルから、わずか2分足らずで、Microsoft Hyper-V や VMware ESXi などの仮想環境で仮想マシンとして起動可能です。物理マシンやActiveImage Protector のバックアップファイルを元に起動可能な状態の仮想スタンバイマシンを作成し、安定的にいつでも切り替え可能です。元のサーバー側で増分バックアップが行われると、同様に増分ファイルを元にP2V済の起動可能なブートポイントに変換されますので、いつでも最新の状態でスタンバイ仮想マシンを起動できます。
これらのインスタント可用性ツールは、ActiveImage Protector 2018 for Windows や vStandby AIPに搭載された vStandby 機能です。

復元プロセス

復元プロセス
障害発生や使用可能なリソースによって、復元オプションを選択できます。

  • システム全体もしくはボリュームを復元
    ベアメタルリカバリーで、システム設定やデータを障害発生前の状態に復元します。復元先は元のハードウェアでも別のハードウェア、ハイパーバイザーでも構いません。この機能は、すべての ActiveImage Protector に搭載されています。

  • ファイルもしくはフォルダーごとの復元
    ActiveImage Protector の ファイル復元、 ImageExplorer やイメージのマウント機能を使えば、ボリュームやシステム全体のバックアップファイルから、選択したファイルやフォルダーを個々に復元できます。

フェイルバック

フェイルバック
一時的フェイルオーバー インスタント可用性ツールを使用後、障害が発生したシステムや故障したハードウェアを修復し、障害発生前のインフラに戻すことがフェイルバックプロセスです。 それには ActiveImage Protector のリカバリー環境を使用します。ImageBoot フェイルオーバーソリューションから、自動的に作成された最新の差分バックアップファイルを選び、修復後もしくは新しいハードウェアに復元します。