HA(ハイアベイラビリティ=高可用性)ソフトの弱点である「ソフトウェア障害」を回避し、「高価な投資」を軽減でき、小規模システムにおいて廉価でのソリューションを実現したのが、ネットジャパンが新しく考案したコンセプトです。

物理サーバーや仮想マシンの待機用に「ESX/ESXi仮想環境」上に仮想レプリカを、スタンバイマシンとして構成し、障害発生時にはそのスタンバイ仮想レプリカからいつでも即座に再稼働できます。

※元のサーバーでシステム障害が発生した場合には、スタンバイ仮想レプリカを起動すると、元のマシンのOS,アプリ、データを引き継いだ状態で起動します。

詳細については、以下の製品概要をご覧ください。