サポートライフサイクルポリシー

  • 通常サポート:
    ログの分析、及び過去事例やナレッジベースを元にサポート致します。問題点の修正、修正パッチ提供、または必要に応じて製品のアップグレードにて対応をいたします。(保守サービス期間のお客様対象)
  • 限定サポート:
    過去事例及びナレッジベースを元にサポート致します。プログラムコードの新たな修正は行いません。過去の修正パッチの配布または必要に応じて最新バージョンへのアップグレードにて対応致します。(保守サービス期間のお客様対象)
  • サポート終了:
    テクニカルサポートへのお問い合わせは終了いたしました。最新バージョンへのアップグレードをお勧めします。
  • また、フリーのユーティリティーである ImageCenter、ImageBoot につきましては、常に最新ビルドをサポート対象とし、お客様ご使用環境において発生した問題については、ログの分析、問題点の修正、修正ビルド提供の対応をいたします。


現時点でのサポートライフサイクル情報となります。

ActiveImage Protector
製品名(エディション)20182016R220164.54.1/4.03.53.13.02.72.5備考
Server Edition--
Desktop Edition--
Linux Edition--
Virtual Edition---
Cluster Edition---
for Hyper-V----
for Hyper-V with SHR---------2017年5月末販売終了
IT Pro Edition*--*2018リリース予定あり
for CLUSTERPRO Windows----
for CLUSTERPRO Linux----
for Express5800/ftサーバ----
for Express5800/ft Virtual----

通常サポート
限定サポート
サポート終了

サポート終了日
製品名サポート終了日
ActiveImage Protector 3.1 Server2017/11/1
ActiveImage Protector 3.1 Desktop2017/11/1
ActiveImage Protector 4.5 Linux2017/11/1
ActiveImage Protector 3.1 Virtual2017/11/1
ActiveImage Protector 3.1 Cluster2017/11/1
ActiveImage Protector 3.1 for Hyper-V Enterprise2017/11/1
ActiveImage Protector 3.1 IT Pro2017/11/1
ActiveImage Protector 3.1 for CLUSTERPRO Windows2017/11/1
ActiveImage Protector 3.1 for CLUSTERPRO Linux2017/11/1
ActiveImage Protector 3.1 for Express5800/ftサーバ2017/11/1
ActiveImage Protector 3.1 for Express5800/ft Virtual2017/11/1